FC2ブログ

大山駅前広場計画に反対する会

板橋区は、住民の意向を無視して、強制立ち退きを進めています

緊急報告 板橋区議会議員選挙直前 候補者アンケート

Posted by 大山駅前広場計画に反対する会 on   0 

大山駅前広場開発などについての議員(候補)アンケート

昨年、大山駅前の一角が駅前広場になり立ち退きを求められるということを知らされた地域住民です。驚いた地域住民は、説明会や区議会の委員会などに足を運びましたが、そこで明らかになったのは、その計画が、一部の住民らにだけ図られ、該当区域の利害関係のある住人を含めて、多くの区民に知らされていなかったことでした。生活の場、仕事の場は人が生きて行く基本となるものです。立ち退きがが住民の意思を聞かずに進められる地方自治は、住民が主権者であり主人公の地方のあり方とは言えません。そして、このような開発は、板橋区が今後も場所を拡大していく予定にしており、いつどの地域に同じ問題が起こるかはわかりません。
 今回、板橋区の区長、議会の議員を選ぶに当たっては、住民の生きる基盤を大切に考えてくれる候補、住民の意思を尊重してくれる候補を選びたいと思い、アンケートを実施しましたので、参考にして頂きたいと思います。
4月16日を締め切りとし、現職46名 及び新人候補に19名に送りました


1 東武東上線の高架化見直しについて

住民の多くは地下化を望んでいますが、貴候補は住民の声に耳を傾けて、高架化を見直し
地下化を検討するつもりはありますか?

  イ ある    ロ ない 


2 大山駅前の広場について

 「板橋区」は、住民の意思を聞かずに、狭い上に計画不十分な広場をつくることを決めているようですが、我々は、住民の意見も聴いた上で検討し直すことを求めたい所存であります。「板橋区」が決めたこの「駅前広場」についての質問です。

イ 住民の声を聞くところからやり直すことを賛成する

ロ 板橋区の結論をそのまますすめる

ハ 住民と話し合い等をするが、結論は維持する


アンケートは16日現在、
下記のような方から、回答(無回答)が返ってきました。



自民党 残念ながら下記の方々からの返答は得られませんでした

      内田けんいちろう・新 大野はるひこ・現 小野田みか・新
       川口まさとし ・現  坂本あずまお・現  佐々木としたか・現
      しげの よしゆき・現 しのだ つよし・新 杉田ひろし ・現
       高山しんご・新 田中しゅんすけ・現 田中やすのり・現
      中村とらあき・現 堀米その美・新 間中りんぺい・現
      元山よしゆき・現  安井一郎・現  山田たかゆき・現

 公明党  太田ひろし・現  質問1 2ともに  イ

    いしだ 圭一郎 ・元   かいべ とも子・現
    さかまき常行 ・新  しば佳代子・現   鈴木こうすけ・現
    田中いさお・現  寺田ひろし・新  成島ゆかり・現
    なんば英一・現             以上9名 返答は得られませんでした


 共産党  石川すみえ・新  いわい桐子 ・現
        かなざき文子・現  竹内 愛 ・現
        山内えり・現   吉田豊明・現   
  山田ひでき・ 以上7名  質問1 2ともに  イ

       荒川なお・現  小林おとみ・現   未回答


国民民主党 おなだか勝 ・現 
         佐藤としのぶ・現      質問1 2ともに  イ

        高沢かずもと ・現 未回答

緑の党 わたなべちづる・新   質問1 2ともに  イ

立憲民主党  残念ながら下記の方々からの返答は得られませんでした
          おばた健一郎・新 中妻じょうた・現  わたなぺよしてる・新

NHKから国民を守る党 こんどう秀人 ・新  返答は得られませんでした

無所属 井上温子・現  長瀬 達也・現  
     南雲 由子・現  橋本佑幸 ・現      以上4名  質問1 2ともに  イ

      番 一・新   質問1 ロ 2 ハ

     上杉かずひろ・新   しいな ひろみ・新  みやかわ るい・新
      以上3名返答は得られませんでした



           以上アンケート結果でした






  皆様方のご自宅が
ある日突然立ち退きさせられます

          

その悪夢は、1年前の3月、ある患者さんから「先生、私はここで診ていただけなくなる
のでしょうか?」「先生の診療所が立ち退きになると聞きました。」といわれたのです。それ以前に、私のところには住民説明会開催の案内状もはいっておりませんでしたし、いわゆる「地権者」に対しての説明が一切ありませんでした。「板橋区」に問い合わせしたところ、「板橋区」は、2月に大山駅周辺の住民に対しての説明会を行い、以下の決定を発表したということが分かりました。
大山東方クリニックの場所が、「駅前広場」の予定地に決まった!
強制的に立ち退きしてもらう代替えはない。出ていってもらう
買収価格は、路線価とする


コウモリ広場④_縮小


「医療機関を、代替えもなく立ち退きさせる」ということは、患者さん方の病状や生命に影響を及ぼしかねない極めて重大な案件であります。私のみならず、近い将来「板橋区」はきっと皆様方にも立ち退きを迫ってくるものと考えられます。
その理由は、「板橋区」は我々の想定をはるかに超えた大規模な再開発事業を次々に拡大しようとしております。まず平成26年「大山駅周辺」地区計画が策定されました。聞きならない「地区計画」ですが、「再開発」の前段階のことで、ほぼ同義語とお考え下さい。対象となっている地域は、大山町、大山東町、大山金井町、熊野町、氷川町、仲町、栄町です。「板橋区」はそのほかに、ときわ台、板橋駅前、遊座商店街、等々の大規模再開発計画。補助26号線建設に伴い、ハッピーロード商店街を破壊、消滅計画。上板橋駅前広場計画等、枚挙にいとまがありません。これらの計画の殆どが、大手ゼネコンと結びついた住民無視の計画なのです。一例として大山駅周辺地区まちづくり検討範囲の図面を記載いたします

大山駅周辺s


大山駅周辺地区まちづくり検討範囲(81ha) このような再開発計画は東上線周辺に広範囲に拡大しつつあります

私は、さらに「板橋区長、坂本健」が、東上線大山駅を時代遅れの高架にすると、一方的に決定したことにも憤りを感じております。東京都が高架を指示したからと弁明しておりますが、「板橋区」は東京都に対し、地域住民の大多数が地下化を希望した要望書を提出しておりません。「板橋区長」はなぜ東京都に住民の要望書を提出させなかったのでしょうか?(都市計画委員会傍聴)
小田急線の下北沢駅も地下化されましたし、小池都知事は電柱の地下化を決定しました。東上線はなぜ地下化できないのでしょうか?東上線が地下化されれば線路上が広場になるではありませんか。また、「板橋区」は、691億円の積立金を保有していると聞きました。この金の一部を使えば、東上線地下化は十分可能なはずであります。
以上のような理由から、私は、単なる私的な怒りからでなく、「公的義憤」にかられ、
🔎「コウモリ広場」なんかいらない  
というブログをアップしました。是非ともご閲覧ください。
この様な状況をいつまでも放置しておいたのでは、皆様にたいしても、いつ「立ち退き命令」が降ってくるかもわかりません。皆様方の住まいが脅かされ、人生を奪われることになりかねません!
皆様!来るべきと地方選挙では、住民の側を向いてくれる政治家を選びましょう
                 

    平成31年3月末日  大山東方クリニック院長
          板橋区医師会会員     小出 雅彦

「コウモリ広場」なんかいらない

Posted by 大山駅前広場計画に反対する会 on   4 

危険!!あなたの住居が突然立ち退き対象になる

こうもり1



板橋区が大山駅前に計画中の不要な道路計画
その名も「駅前広場」 正確には「コウモリ広場」

   「コウモリ広場」
なんかいらない


イソップ物語に卑怯なコウモリのお話があります鳥族と獣族の戦いの最中、鳥族が有利と見るや「私は羽が生えているから鳥です」
と言い、獣族が有利と見るや「私は、全身に毛が生えているので獣だ」と日和見な態度を繰り返して、しまいには、どちらからも嫌われて、暗闇の洞くつでしか暮らせなくなり、夜だけしか出られなくなったというお話


「板橋区」が、大山駅前の住民を、クリニックまでも、代替え無しに立ち退かせて作ろうとしている「道路」があります
「道路」の名は、その名も「駅前広場」
入り口はまるで「鶴の首」のように細くて、突き当りがロータリー、、、、、?どこが広場?



バスを引き込むロータリーを作る ? 
それどころか バス会社との交渉記録もない!

(板橋区の公開資料による)


ほぼ実写の広場図コウモリ広場④_縮小

大山東方クリニックが強制立ち退きされる!

 代替えの施設の提供もありません。ただ 出て行け!!と言ってきたのです


●「駅前広場」の図面を描いたのは「東武鉄道」の関連子会社! (「板橋区役所」 情報開示資料による)

●「駅前広場」の場所を決定付けたのは、広場の上に建物が建てることができるから  ???

●「板橋区」は、契約当時は「東武鉄道」の関連子会社であった「東日本総合計画」を,
「随意契約」でコンサルタント会社として選んだ! 
そして、住民の声を全く無視して、役所内での議論もなく、この「東武鉄道」の子会社が導き出した「大山駅前の一等地が駅前広場に最も適している」という結論を丸のみにした(「板橋区」に要求した情報開示資料による)

「板橋区 拠点整備課担当職員」 の弁明   「住民の意見を聞くと不公平が生まれるので、住民の意見は全く聞かなかった」




 東武鉄道のいいなり 下僕  の板橋区


板橋区東武の足






●東武鉄道の意をくんだ、子会社が採点根拠とした、不自然極まる採点表!
「敷地の活用」の点では1番の高ポイント。その理由は、上空を使用することができるから??
広場の上空を利用するということは、「板橋区」は広場を作る予定がない?もしかすると「道路」さえも作らず、「板橋区」が何か建築物を建てて、再開発を始めるの?



「板橋区」は我々の想定をはるかに超えた大規模な再開発事業を次々に計画中!!まず平成26年「大山駅周辺」地区計画が策定されました。聞きならない「地区計画」ですが、「再開発」の前段階のことで、ほぼ同義語とお考え下さい。対象となっている地域は、大山町、大山東町、大山金井町、熊野町、氷川町、仲町、栄町です。「板橋区」はそのほかに、ときわ台、板橋駅前、遊座商店街、等々の大規模再開発計画。補助26号線建設に伴い、ハッピーロード商店街を破壊、消滅計画。上板橋駅前広場計画等、枚挙にいとまがありません。これらの計画の殆どが、大手ゼネコンと結びついた住民無視の計画なのです。一例として大山駅周辺地区まちづくり検討範囲の図面を記載いたします

大山駅周辺s

大山駅周辺地区まちづくり検討範囲(81ha) このような再開発計画は東上線周辺に広範囲に拡大しつつあります

私は、さらに「板橋区長」が、東上線大山駅を時代遅れの高架にすると、一方的に決定したことにも憤りを感じております。東京都が高架を指示したからと弁明しておりますが、「板橋区」は東京都に対し、地域住民の大多数が地下化を希望した要望書を提出しておりません。「板橋区長」はなぜ東京都に住民の要望書を提出させなかったのでしょうか?(都市計画委員会傍聴)
小田急線の下北沢駅も地下化されましたし、小池都知事は電柱の地下化を決定しました。東上線はなぜ地下化できないのでしょうか?東上線が地下化されれば線路上が広場になるではありませんか。また、「板橋区」は、691億円の積立金を保有していると聞きました。この金の一部を使えば、東上線地下化は十分可能なはずであります。


本年3月2日、4日「板橋区」は、大山町づくりの説明会を行いました

その際に、私は次のように「板橋区」に対して発言しました。



今回突然に、「ただ出て行け 代替えはない」 といわれましたので、どうしても納得がいきませんでしたので、「板橋区」に文書を公開請求しました。
約2000枚にも及ぶ公開文書を請求し、くまなく読みました。
公開文書によりますと、「板橋区」は、住民の意見を全く聞かずに決定した、ということが分かりました。。

「駅前広場」の場所の決定の経緯ですが、「板橋区」が随意契約で顧問委託した「東日本総合計画」という、「東武鉄道」の関連子会社が、「東武鉄道」にとって最も都合がよいように意図的に採点を行い、今回の場所が選ばれております。
「板橋区」の内部で一切の議論は行われておりませんでした。区議会の議事録においても、「板橋区」の担当課長は、「住民の意見を聞くと不平等になるので、住民の意見は全く聞かなかった」と発言しております。
「東日本総合計画」は現在は「東武鉄道」の関連子会社ではなくなって、セコムの関連会社となっているようですが,「駅前広場」決定の時点で「東武鉄道」の関連子会社であったことは紛れもない事実です。

今回の事業で、東上線の大山駅は、中板橋寄りに100mずれることになっています。この中板橋寄りのホームに改札口をつくれば、出口を出たところがすぐに26号線です。交通結節点になっているじゃないでしょうか?そこにバス停をつくればよいではありませんか!


私の診療所は、地域の方も含めて、月に約1000名の患者さんが見えている。癌や難病の方が、漢方治療を求めてはるばる来院されています。
私は、医者として、患者さんの方々の命を守らなければなりません。
私は、患者さん方のためにも立ち退くわけにいかない。断固として立ち退きを拒否します。

「板橋区長」については他にも、ハッピーロード商店街を破壊しようとしていますし、行政「板橋区」と、一つになって住民を無視し、大山の街を目茶目茶にしようとする計画を一方的に推し進めているときいています
「区長」には、退場を願いたい!
最後に、ご来場の皆様方に申し上げます。
住民の側をむいてくれる「板橋区長」を選びましょう。


   ●区長の悪行シリーズ   

時代に逆行して東上線の高架化を決定

ハッピーロード商店街を破壊し高層マンション建設を計画

大手ゼネコンに丸投げする手法で大山再開発

さあ!今度は遊座商店街の番だ!
大山 再開発は宝の山だ!


aku


                                                                                 


なぜか請願書の署名を拒んだ「板橋区議会自民党」


 その理由は、「成文化されていない慣例」として自民党区議会議員全員の同意が必要だから、、、なんだそりゃ、、、?
「板橋区」が、得意の「抜き打ち」で、区民から財産を奪おうとしていることを、区議会で議論をしてほしいとお願いをしているのにもかかわらず、「腰抜け自民党」!!


 

●「板橋区役所」と「板橋区長」はともに ぬきうち ゴリ押し 住民無視
 で突き進む!!

  始めから、この場所が欲しかったのは 東武鉄道?「板橋区」? 
  
は 強大な「コウモリ広場」計画推進派



●住民の側に立ってくれる「板橋区長を是非とも選ぼうではありませんか!


●「板橋区」は、密室での取り決めで、代替えもなしに「大山東方クリニック」を立ち退かせようとしている!
    この計画には


大山東方クリニック 院長 小出 雅彦
は 患者さん方のために、正義のために断固として戦います



小出先生②_縮小

 来る「板橋区議会選挙」では、板橋再開発賛成の政党及び区議会議員候補には、NOを突きつけましょう
 
板橋区医師会 会員
   大山東方クリニック
   院長  小出 雅彦